読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本庄早稲田の杜クロスカントリー大会に参加してきました

昨日4/14は、埼玉県本庄市で開催された第17回本庄早稲田の杜クロスカントリーハーフマラソン大会に参加してきました。


当初、4/14は小山市で開催される「おやま思川ざくらマラソン大会」のハーフに出る予定でしたが、気付いたら申し込みが終わっていました....。
やむを得ずその日になにか走れそうな大会はないかと探し回ったところ、この大会のクロスカントリーはまだ余裕がありましたので申し込みました。ハーフもおもしろそうでしたが、アップダウン対策としてクロスカントリーにも挑戦してみたかったのです。あとクロスカントリーってそもそも走ったことがなかったので、一度挑戦してみようかなと思い、申し込んでみました。


というわけで走ってきた結果(1kmあたり)のタイムは以下のとおりとなりました。

距離 タイム 合計タイム
0-1km 05:16 05:16
1-2km 05:06 10:23
2-3km 05:04 15:27
3-4km 05:03 20:30
4-5km 05:21 25:52
5-6km 04:56 30:49
6-7km 04:55 35:44
7-8km 05:23 41:07
8-9km 05:22 46:30
9-10km 04:51 51:22
10-1km 04:28 55:50
11-12km 04:04 59:54


というわけでネットタイムは59:54でした。



ただ、グロスは残念ながら1時間を切ることができず、1:00:06で528人中144位となりました。みんな速過ぎるよ...。
今回は初めてのクロスカントリーということで、遠慮気味にかなり後方から出発したのですが、それがあだとなってしまいました。


まとめ


今回は初のクロスカントリーということでとくにタイムについては目標も何もなかったのですが、1時間以内には走れるだろうなとたかをくくっていたのでこの結果にはちょっと落ち込みました。


最初の2kmは道が狭すぎたために追い越しがほとんど出来なかったためにこのタイムもしょうがないのですが、山中のフィールドエリアはアップダウンは厳しかったもののそれ以外はとくにスピードをさえぎる要素はなかったにも関わらずこのタイムというのはちょっと残念でした。ただ、コースの厳しさはいままでのロードとはくらべものにならないくらいでしたので、初見であのコースだったらこのタイムでもしょうがないのかも知れません。



ただ、あんなふうに野山を存分に走るのはすごく気持ちがいいなと思ったし、これはロードレースとはまったく違った走るおもしろさがあるなと実感しました。
もちろん自分がトレイルや登山マラソンに挑戦できるほど走れるなんて思っているわけではありませんが、一定ペースで走ることが大事なロードレースと違い、アップダウンやコース幅などによってペースを大きく変えなければならないクロスカントリーもすごく楽しいです。なんて、じっさいに走っている時はしんどすぎてそんなことを考える余裕がなかったのですが、でも走り終えて振り返ると楽しかったなという気持ちがわきおこってきます。

ただ上でも書いたとおり、アップダウンが厳し過ぎるのでこのコースだとおそらく30kmくらいで足腰がガタガタになるのは目に見えてましたし、そういう意味ではクロスカントリーもトレイルランもまだまだ自分のレベルには見合ってないなというのも実感しました。この一ヶ月続けたようなアップダウン対策をもっと続けて、またクロスカントリーなりトレイルランに挑戦したいです。


それにしてもまさか35歳にもなって野山を子どものように駆け回る日がくるとは思ってませんでしたが、あの爽快感はロードとは別物でくせになりそうです。
またクロスカントリーに参加したい!


(関連エントリー)