読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山形県山形市で開催された第3回山形まるごとマラソンに参加してきました

日記 ランニング マラソン大会



山形県山形市で開催された「第3回山形まるごとマラソン」に参加してきました。



去年、おととしと同じくハーフを走ってきました。

結果

以下、手元の時計で測ったネットタイムです。

距離 タイム タイム(累積) イベント
1km 04:38 00:04:38 スタートロス12秒
2km 04:13 00:8:51
3km - - 計測ミス
4km 08:02(4:01/km) 00:16:53
5km 03:58 00:20:52 fastest
6km 04:09 00:25:01
7km 04:12 00:29:13
8km 04:02 00:33:16
9km 04:11 00:37:27
10km 04:16 00:41:44 軽いのぼりあり
11km 04:19 00:46:04
12km 04:17 00:50:21 芋煮坂スタート
13km 04:31 00:54:52 軽いのぼり+吐き気
14km 04:36 00:59:28 途中で折り返し
15km 04:10 01:03:39 くだり
16km 04:21 01:08:00 くだり
17km 06:36 01:14:36 左足がつる+くだり
18km 04:17 01:18:54 軽くくだり
19km 04:17 01:23:12
20km 04:19 01:27:32
-21.1km 04:30(4:04/km) 01:32:02
タイム種別 タイム
グロスタイム 1時間32分02秒
ネットタイム 1時間31分51秒


種目別順位は821人中97位、総合順位は3900人中281位でした。


結果の分析

今回は2か月ぶりのハーフ+最近すごく調子がよくなってきている+大好きな山形で走れるということもあって走る前からかなりテンションが上がっていました。ここ2か月で出た大会はいずれもコースベストをたたき出すという好調さもあって、今回のまるごとマラソンでは90分を切って自己ベストを出そうと決意を固めてのぞみました。



ハーフを90分というのはサブ3ペース、つまり1kmあたり4分15秒で走るペースでして10km換算だと42分30秒です。
10km程度の距離であれば正直大したタイムではないのですが、このペースでハーフを走るとなるとなかなか厳しくてわたしは一度も90分を切ったことがありません。自己ベストは1年半前に出した91分(というかほぼ92分)なんですが、足底筋膜炎の悪化や貧血もあってしばらくこのくらいのタイムとは縁遠くなっていました。

今回はいよいよこの壁を越えてやろうということで挑みましたが結果は92分という結果に終わりました。

この結果について5kmごとのタイムをもとに分析してみます。


5kmごとのタイム

まずは5kmごとのタイムをまとめました。

距離 タイム(2013年) タイム(2014年) タイム(2015年)
5km 22:15(4:27/km) 22:44(4:32/km) 20:54(4:10/km)
10km 23:11(4:38/km) 22:11(4:26/km) 20:51(4:10/km)
15km 24:27(4:53/km) 22:53(4:34/km) 21:56(4:23/km)
20km 23:41(4:44/km) 21:20(4:16/km) 23:53(4:46/km)
Finish 4:58(4:31/km) 04:33(4:08/km) 4:28(4:04/km)

赤が区間ワーストの年、青が区間ベストの年です。

スタート~5km地点

今年はBブロックからスタートしたのですが、並ぶのが早かったおかげで大会規模のわりにはタイムロスは13秒とかなり少なめでした。

今年は去年に比べて参加者が1000人増えた影響なのかスタートにはちょっと時間がかかったのですが、それを差し引いてもかなりいいペースで走ることができました。自分でもかなりがんばって走ったつもりだったのでがんばった分だけいいタイムが出ただけだとは思いますが、でも入りの5kmはよくて21分台だろうと思っていたのでグロス20分台を出せたことはかなり意外でした。

この区間はスタートからほぼフラットなのですが、5km地点が陸橋の頂上にあることもあってその直前はわりといい上りになっています。なのでここで遅れる人が多かったのですが、この上りのある区間で3分台を出せたのはかなりうれしかったです。

正直最初からかなりとばしたのでこの5km地点のあたりですでにふらふらでした(笑)

ただ今回は潰れるリスクをとってでも自己ベストを出したかったのでつらいながらもいい走りが出来たことには満足しています。

5km~10km地点

5km地点から6km地点は駅前通りから十日町に入る直前あたりまでなんですが、ここは上りだとわかるくらいのはっきりとした上りになっています。きついというわけではないのですが地味にこたえます。ここは4:09なのでまずまずの走り。

そして6km~9kmは十日町から文翔館まで走って戻ってくるという区間です。
沿道の応援もにぎやかでとても楽しいし、私設エイドでのし梅だとか蕎麦が配られているので食べるのがメインの人にはとてもうれしい区間だったりします。片側通行になるのでやや狭くなって走りにくくなるのですが、ここも4:09/4:12/4:02/4:11とほぼ4分1桁台で走りました。
8~9km地点は人とぶつかりそうになったのでちょっとタイムを落としています。

そして9~10kmはまたもや上り。
ここは走れないほどではないのですがわりとずっしりとくる上りでして、タイムを4:16まで落としてしまいました。

ここで10km地点なのですが、5~10kmのタイムは20:51と思っていたよりも悪くなくさらに10kmのタイムとしては41:44とここ最近走ったどの10kmの大会よりもいいタイムでした。

10~15km

10km地点を過ぎると山形大学の小白川キャンパスに向かって走り、そのまま緑町を抜けて馬見ヶ崎川沿いまで一気に駆け抜けます。
11km地点は馬見ヶ崎に抜ける道の直前、そして12km地点は芋煮坂と呼ばれる2kmちょっとのだらだらとした坂に入った直後にあります。

この大会一番の目玉はこの芋煮坂です。
芋煮坂は馬見ヶ崎川沿いの道路を山形蔵王ICに向かって続く2kmと少しの坂です。ここで80mほど上るのですが、斜度自体は走れないほどではないのですがとにかく長くていやになります。おおよそ2.4kmほどだと記憶していますが、12km地点の直前からしばらく上り一辺倒が続きます。

芋煮坂に入る直前の12km地点でひとつハプニングに見舞われます。
それは吐き気が止まらなくなってしまったことです。

原因は不明ですが、おそらくスポーツドリンクだけを飲み過ぎたために喉に粘性のある水分がたまってしまったのだと思います。昨年の柏崎マラソンでも折り返し地点で似たようなことがあってしばらくまともに走ることができませんでした。

Tシャツの首の部分を引っ張って気道を確保し、少しペースを落として走ること3km。15km地点を前に無事気持ち悪さを取り除くことできました。ただでさえ上り坂のつらさにグロッキー気味だったのに、この気持ち悪さでかなりタイムを落としてしまいました。

11kmから14kmまでは4分10秒台後半~4分40秒というかなりのスローペースになってしまいました。
走っているときはしょうがないなとおもっていたのですが、振り返ってみるとここがとてももったいなかったなというのがわかります。ここはあと90秒は短縮できたと思います。

そして14kmを少し過ぎたところで折り返して今度は下り坂に突入となります。
なのでここで一気にペースを上げたいところなのですが、上りでスタミナを使いすぎたためかいまいちペースがあがらず4分10秒で15km地点を通過しました。去年のペースを考えるとここもあと10秒は縮めたかったです。

15km~20km

15km~18km地点までは下り基調で、さらに19kmまでは部分的な下り基調というとても走りやすい区間...のはずだったのですが、前半戦のスタミナの消耗が激しくて16km地点のタイムは4分21秒とかなり遅め。そして遅いことはかなり自覚していたために、16km地点を過ぎたところで下りに身を任せて一気にペースアップをしたのですが、16.8kmあたりで左足ふくらはぎが攣ってしまって倒れこんでしまいました。

直前まではかなりペースを上げていて、しかも心肺にはまったく違和感もなくむしろ気持ちいいと思っていたくらい調子がよかったのでどんどんペースを上げた結果がこれです。

沿道脇に座り込むと目の前にいたおじちゃんとおばちゃんが声をかけてくれ、さらにボランティアスタッフの方とランニングポリスも1名駆け寄ってくれました。

すぐに靴を脱いでケアをしたものの激しい痛みで声も出せず、周囲の方から声をかけていただいてもうなずくのが精一杯でした。
ストレッチをしたり深呼吸をして落ち着いたりしている間に痛みは和らいできたものの、これで自己ベストはもう無理だと悟りもう走る気力が完全に失われてしまいました。

じつはここまで腕時計はほとんど観ていなかったのですが、それでもペース的に88分くらいだろうなというのはあたりが付いていました。となるとここで休めるのは2分だけという計算になるのですが、痛みを抑えようとしているとあっという間に2分は過ぎてしまいました*1。つまりわたしの挑戦はここでついえることとなったのです。

さすがにハーフで棄権をしようとは思わなかったのですが、あとはちんたら歩いてゴールに向かおうかなと考えていました。

そんな中、ボランティアの方はずっとつきっきりで心配してくれたし、沿道にいたおじちゃんおばちゃん夫婦はいろいろと話しかけてくれて元気づけてくれました。最初は痛みにばかり気が向いていて聞き流していたのですが、少し落ち着いてくるとわたしの怪我を気遣ってくれていて元気を出そうとしてくれていたことに気付きました。

こんな見も知らない37歳のむさくるしいおっさんにこんなに優しくしてくれたって何にもいいことなんてないはずなのに、こんなに応援してくれるのがほんとうにうれしくてうれしくて話しているうちに思わず泣きそうになりました。

さすがに急に泣きだしたらみんな動揺するだろうし、なによりもわたしが死ぬほど恥ずかしいので勢いに任せて「もう大丈夫なので行きますね!」とお礼とお別れの言葉を述べて走り続けることにしました。この間、休んだのは約3分ちょっと。

ここから1kmは全力で走ったのですがさすがに攣ったところがめちゃくちゃ痛くなってしまったので、そんな足をかばいながら徐々にペースを落として走りました。

結局この5kmは23分53秒とものすごい勢いでタイムを落としてしまいました。
でも3分休憩したわりにはキロ4分台をキープしたことはわれながらがんばったなと感心しました。ただ、欲をいえばここの5kmはキロ3分台で走りたかったのでそこはほんとうに残念でした。

20km~ゴール

この1.0975kmは厳しいアップダウンもなく、ただ道路がひたすらまっすぐ続くのでその長さに心が折れそうになる区間です。
わたしはもうここを走るのは3回目なので慣れているというか、ここまできたらもう走るしかないと気持ちを決めてできるだけ速く走ってゴールへと駆け込みました。ここは過去3年間でもっともいいタイムだったのでとくに不満はありませんが、できれば4分切りたかったです。


まとめ

この結果に不満がないのかといえばもちろんあるし悔しいという気持ちもあるのですが、そこはもうしょうがないというか足が攣ってしまったことも含めて自分の実力だなと思っています。

しかもなんと「今回出したネットタイムがハーフの自己ベスト」という非常に微妙な結果となってしまいましたが、ネットタイムなので自己ベストとは認定しないし、そもそもこんなタイムはさっさと次の大会で塗り替えてやりたいです。こんなタイムだと誇る気にもなりません...。そんな前向きな気持ちがいまからわきあがっています。

今年も大好きな山形の街を走ることができたこともすごくうれしかったし、沿道のものすごい応援にもかなり盛り上げていただいてほんとうに感動しました。そして足が攣るという非常にみっともないミスをしてしまいましたが、そのおかげで山形の人のやさしさにふれることができたし私自身もとても優しい気持ちになることもできました。

学生生活の6年間を過ごした場所だというだけでも特別な土地であることには変わりないのですが、今回走ってみてまた山形のことがすごく好きになったしここで走ることができたことにまずはありがとうと言いたい気持ちでいっぱいです。楽しかった。死ぬほど楽しかったです。


また来年もこの大会で走りたいです。


(過去に参加したハーフマラソンの結果)

大会名 日付 タイム 前回差
第10回柏崎マラソン 2012/10/28 1時間51分09秒 -
第7回下野天平マラソン 2013/01/14 1時間42分26秒 -8分43秒
第24回旭市飯岡しおさいマラソン 2013/02/03 1時間39分59秒 -2分27秒
第22回上里町乾武マラソン 2013/03/24 1時間39分52秒 -7秒
第33回鹿沼さつきマラソン 2013/05/12 1時間44分40秒 +4分48秒
第12回さくらんぼマラソン 2013/06/09 1時間43分03秒 -1分37秒
第44回東和ロードレース 2013/07/07 1時間48分18秒 +5分15秒
第27回日本海メロンマラソン 2013/08/04 1時間35分41秒 -12分37秒
第1回山形まるごとマラソン 2013/10/06 1時間38分46秒 +3分5秒
第11回柏崎マラソン 2013/10/27 1時間32分24秒 -6分22秒
第36回足利尊氏公マラソン 2013/11/03 1時間34分42秒 +2分18秒
第27回宇都宮マラソン 2013/11/17 1時間36分39秒 +1分57秒
第8回下野天平マラソン 2014/01/13 1時間32分55秒 -3分44秒
第23回上里町乾武マラソン 2014/03/31 1時間31分57秒 -58秒
第26回春日部大凧マラソン 2014/05/04 1時間44分03秒 +12分6秒
第45回東和ロードレース 2014/07/06 2時間10分17秒 +26分14秒
第2回山形まるごとマラソン 2014/10/05 1時間34分10秒 -37分7秒
第12回柏崎マラソン 2014/10/26 1時間38分36秒 +4分26秒
第28回宇都宮マラソン 2014/11/16 1時間38分31秒 -5秒
第9回下野天平マラソン 2015/01/12 1時間36分45秒 -1分46秒
第35回鹿沼さつきマラソン 2015/05/10 1時間45分21秒 +8分36秒
第46回東和ロードレース 2015/07/05 1時間41分59秒 -3分22秒
第8回嬬恋高原キャベツマラソン 2015/07/12 2時間01分44秒 +19分45秒
第29回日本海メロンマラソン 2015/08/02 1時間47分41秒 -15分03秒
第3回山形まるごとマラソン 2015/10/04 1時間32分02秒 -15分39秒

(関連リンク)

*1:足に違和感をおぼえた瞬間に反射的に時計を確認してどのくらい休んだのかは計算していました