読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島県二本松市で開催された第46回東和ロードレースに参加してきました



福島県二本松市で開催された「第46回東和ロードレース」に参加してきました。



昨年、一昨年に続いて今回もハーフにエントリーしました。

結果

以下、手元の時計で測ったネットタイムです。

距離 タイム(1kmあたり) タイム(累積) イベント
1km 06:54 00:06:54 スタートロス1分19秒
2km 05:06 00:12:00 地獄坂
3km 05:01 00:17:02
4km 05:18 00:22:21
5km 04:48 00:27:10
6km 05:19 00:32:29
7km 04:46 00:37:16
8km 05:13 00:42:29 トップ選手とすれ違う
9km 04:40 00:47:10
-12.1km 15:13(4:53/km) 01:02:24
13.1km 04:13 01:06:37
14.1km 04:30 01:11:08
15.1km 04:12 01:15:21
16.1km 04:50 01:20:11 ペースダウン
17.1km 04:48 01:25:00
18.1km 04:34 01:29:35
19.1km 04:47 01:34:18
20.1km 03:56 01:38:19 極楽坂
ゴール 03:40 01:41:59
歩数(歩) 平均ストライド(cm) 平均ピッチ(歩/秒) 平均ピッチ(歩/分)
19,661[歩] 107.3[cm] 3.3[歩/秒] 195.7[歩/分]
タイム種別 タイム
グロスタイム 1時間41分59秒
ネットタイム 1時間40分40秒


順位は男子39歳以下で392人中129位でした。

結果の分析


普段は目標タイム(大体90分くらい)のところに並ぶのですが、今回は最後尾から出発することにしました。


以前から「ぬキラン」というid:smkw66さんのブログを読んでいるのですが、このブログではマラソン大会で最後尾から出発して何人抜けるのかということをどの大会でもされています。普段は「いかに前からスタートするか?」ということに腐心していたわたしは、こういう楽しみ方もあるのかと軽くショックを受けました(笑)

そんなわけで一度試してみようということで今回実践してみました。


まずはスタートの位置取りですが、スタート5分前には最後尾に並んだものの後ろにどんどん別の人たちが並ぶのでなかなか最後尾を維持することができませんでした。前に並ぶのも大変ですが、一番後ろに並ぶのも意外に大変です(笑)

2分前になっても後ろに並ぶ人が減らないので最後尾は諦めて、とりあえず最後尾グループから出発しました。スタートのタイムロスは1分19秒。思っていたよりもわりと時間がかかったなーという印象。


走り始めてすぐは集団がばらけないのでしばらくは最後尾の集団に混じって走ることにしたのですが、500mくらい走ったところで急に集団が立ち止まって進まなくなったので何事かと思ったら野口さんに握手してもらう人たちの人だかりでした。えー、走ってる途中でそんなことするの...。

記録を狙っていたときは走ってる途中でこんなふうに立ち止まることなんて考えられなかったので、自分の知らないマラソン大会の風景がとても新鮮に感じられました。


さて。

ここであらためておさらいをすると、この東和ロードレースは往路で220m上り、復路で220m下る往復コースです。



ただし、実際のコースはこんな分かりやすいアップダウンではなくて常にガクガクと上っては下るを繰り返していて、フラットなところはほぼなしというなかなか手厳しいコースです。


まず折り返しまでの約10.5kmですが、上り基調でしたのでかなり抑え目に走りました。
タイムは55:03(ペースは5:14/km)とかなりのんびりでしたが、上りというだけで周りのペースがかなり遅くなるのでこのタイムでもかなりの人数を追い越しました。このコース名物の地獄坂はたしかにそれなりの斜度なんですが、個人的にはどこが地獄坂と呼ばれてもおかしくない上りだなと思っています。

とにかくつらい。


そして折り返してからは下り基調になるのですが、下りというだけでつい調子にのってペースを上げてしまいます。

上りに比べるとペースがキロ1分も速くなってしまったので、これはまずいなと途中からペースを大幅に抑えました。一昨年は下りでペースを上げ過ぎたせいで呼吸ができなくなって歩くはめになったので、かなり意識的にペースを落としました。走り終えたいまとなってはもう少しペースを上げててもよかったなと思うのですが、でもこのときは最後につぶれるのが嫌だったのでキロ4分後半までペースダウン。

そのおかげでラスト2kmに到達しても足がかなり余裕があったので、ここからは下りの勢いを使ってキロ3分後半までペースをあげてゴール。

走り終えたあとも脚と呼吸にかなりの余裕があったのですごくもったいなかったなと反省しました。


スタートロスは別としてもあと5分は縮められたな...。

まとめ

上でも書いたとおりこの大会に参加するのは3年連続3回目になります。

一昨年は下りで飛ばし過ぎて呼吸が出来なくなってしまい歩くはめになり(タイムは1時間48分18秒)、去年は暑さに負けて熱中症で走れなくなってしまいやっぱり歩いてしまいました(タイムは2時間10分17秒)。ハーフ程度の距離であれば歩くことなんてまずないわけですが、この大会に関しては過去2度の参加のいずれも歩くことになっているわけでして相性の悪さが際立ちます。


こんなふうに2年連続で痛い目にあっている大会にも関わらず、なぜまたこの大会にまた出たいと思ったのか?エントリーしたのか?というとこの大会にはそれだけの魅力、価値があるからなのです。


まず、個人的にもっとも気に入っているのは会場のあちらこちらに麦茶と梅干が置いてありまして、走る前も走った後も飲み放題、食べ放題だということです。しかもこれがもうものすごくおいしいのです。麦茶はきっと淹れている水がおいしいんだろうなーと思うわけですが、あちこちで数多の麦茶を飲んできたわたしも他では飲んだことがないくらいおいしいです。

そして手作りの梅干しもすごくおいしくて、とくに走ったあとの塩分補給にぴったりです。


さらに走っているときのサポートもすごくて給水所が500mにおきに設けられてます。
一般的なハーフマラソンだとだいたい2km〜5kmおきに配置されていることがほとんどだと思いますが、それを基準に考えるとこの設置間隔はきわめて異例です。しかもすべての給水所にはメロンやスイカ、バナナといった豪華すぎるくらいの食べ物が置いてあって震えます。スポンジや水も置いてあるし、水については氷まで入っていることもあります。

これで参加費3500円は破格としか言いようがありません。


あとは沿道の応援や紫陽花ロード*1もすばらしいです。


そんなわけでたいへんすばらしい大会ですのでランニング好きな人にはおすすめしたいのですが、肝心のコースがあまりにきつすぎておすすめしたことはいままでなかったりします。坂が好きなランナーだったらすすめなくても自分から見つけてエントリーするだろうし、そうじゃない人に無理やりすすめてもおそらく楽しめないだろうなとなかなかおすすめする機会がありません。


ここを読んで興味をもった方はぜひ地獄坂・極楽坂と紫陽花を堪能しに二本松へと行ってみてください。


走りはじめる前はコースの厳しさを想像してブルーになるのに、いざ走りだしてゴール直前になると走り終えてしまうことがとにかくさみしくなるこのコースを走るためにわたしは来年の夏もまたここに走りにきます。



(過去に参加したハーフマラソンの結果)

大会名 日付 タイム 前回差
第10回柏崎マラソン 2012/10/28 1時間51分09秒 -
第7回下野天平マラソン 2013/01/14 1時間42分26秒 -8分43秒
第24回旭市飯岡しおさいマラソン 2013/02/03 1時間39分59秒 -2分27秒
第22回上里町乾武マラソン 2013/03/24 1時間39分52秒 -7秒
第33回鹿沼さつきマラソン 2013/05/12 1時間44分40秒 +4分48秒
第12回さくらんぼマラソン 2013/06/09 1時間43分03秒 -1分37秒
第44回東和ロードレース 2013/07/07 1時間48分18秒 +5分15秒
第27回日本海メロンマラソン 2013/08/04 1時間35分41秒 -12分37秒
第1回山形まるごとマラソン 2013/10/06 1時間38分46秒 +3分5秒
第11回柏崎マラソン 2013/10/27 1時間32分24秒 -6分22秒
第36回足利尊氏公マラソン 2013/11/03 1時間34分42秒 +2分18秒
第27回宇都宮マラソン 2013/11/17 1時間36分39秒 +1分57秒
第8回下野天平マラソン 2014/01/13 1時間32分55秒 -3分44秒
第23回上里町乾武マラソン 2014/03/31 1時間31分57秒 -58秒
第26回春日部大凧マラソン 2014/05/04 1時間44分03秒 +12分6秒
第45回東和ロードレース 2014/07/06 2時間10分17秒 +26分14秒
第2回山形まるごとマラソン 2014/10/05 1時間34分10秒 -37分7秒
第12回柏崎マラソン 2014/10/26 1時間38分36秒 +4分26秒
第28回宇都宮マラソン 2014/11/16 1時間38分31秒 -5秒
第9回下野天平マラソン 2015/01/12 1時間36分45秒 -1分46秒
第35回鹿沼さつきマラソン 2015/05/10 1時間45分21秒 +8分36秒
第46回東和ロードレース 2015/07/05 1時間41分59秒 -3分22秒


(関連リンク)

*1:沿道の紫陽花がランナーを導くように咲いていてとてもきれいです