読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルマラソンのシーズンが終わりました

雑記

ランニングは季節を選ばずできるのでシーズン、オフシーズンというのはとくにありません。わたしも年がら年中走っているし、大会にも出ています。
ですが、暑くなってくるとフルマラソンのような長い距離の大会は開催されなくなるので一般的に4月後半以降はフルマラソンはオフシーズンだと言われています。
9月、10月くらいから少しずつフルマラソンが始まり、11月から2月くらいまではほぼ毎週のように全国のどこかでフルマラソンが開催されます。


ちなみにわたしが今のように大会に出て走り始めたのは2011年11月の宇都宮マラソンからでした。


初めて出たマラソン大会はすごく楽しくてまた出たいなと思ったのですが、当時はまだマラソンよりも映画の方が楽しくてそこから1年間はマラソン大会には出ずに過ごしました。正直に言うとマラソン大会どころか日常のランニングもほとんどしてなくて月に20kmくらいしか走っていない月もありました。仕事が忙しかったというのもありますし、そもそも走ることが日常に根付いていなかったというのが大きかったのかなと思います。


その10か月後の2012年の8月。Facebookで再開した友人に誘われて10月にハーフを走ることになりました。
当時は月に20km程度しか走っておらず、しかも一度に走る距離は長くて5km程度。いま思えばハーフなんて走れるの?という状態でしたが、なぜかわたしは完走できる気満々でしかも1時間45分を切ろうとしていました。日々の数kmのランニングですらキロ5分を割るときがあったのに、なぜそんなに強気だったのかわかりませんがでも自分は走れると信じてハーフにエントリーしました。

9月から少しずつ走る距離を伸ばし、9月は40km、10月は大会までに70kmを走って本番にのぞみました。

結果は1時間51分と目標を大幅に下回るタイムでゴールし、しかも完走後は足の裏にできたマメやふくらはぎの痛みで歩くことすらままならない状態でした。走る前に「目標は1時間45分、調子がよければ1時間40分を切れるかも!」と公言していたことが死ぬほど恥ずかしかったし、何よりもハーフマラソンでこんなにボロボロになってしまったことも悔しいと思いました。


いま思えば練習してないんだから当たり前の結果なんですけどね(笑)


柏崎から宇都宮への帰り道。

ハーフマラソンですらこんなにつらいんだからいまのままだとフルマラソンなんて一生完走できないだろうなと思ったらそのことがすごく悔しいことのように思えました。フルマラソンを走りたい。走ってみたい。


思い立ったら行動は早くて半年後にフルマラソンを走ることを決めました。


まずはいろんな大会に出て経験を積み、3月か4月にその集大成としてフルマラソンを走ろうと決めてさまざまな大会にエントリーしました。練習方法はよくわかりませんでしたが、手元に会った本を参考にビルドアップやペース走をメインに組み立て、月に2回ほど大会で走りました。本気で練習を始めると記録はあっという間に伸び、大会に出るたびに自己ベストを更新しました。自分が目に見えて速くなっていく様子はRPGが好きなわたしにはたまりませんでした。育成ゲームのようでもありました。


適当なジャージを着て走っていたのを止めてちゃんとしたウェアを買ったり、1000円くらいで買ったスニーカーを履いてたのを止めてランニングシューズを買いました。どんどん走ることにのめり込んでいきました。


半年後のフルマラソン加賀温泉郷で走りました。


f:id:itotto:20130421082301j:plain:h300


タイムは目標の3時間半は切れませんでしたが無事3時間42分でゴール。このタイムが半年前に柏崎でハーフマラソンを走ったときに出したタイムのちょうど2倍のタイムだとわかったときはフルマラソンの大変さを改めて実感しました。あんなに練習してやっと半年前のペースで走れるくらいの厳しさ。フルマラソンってすごいなと思いました。


そして走り終えてもうひとつ分かったのは、わたしはもう走ることを止められないだろうなということでした。


実は、フルマラソンを走る前に「今回ちゃんと完走できたらもうマラソンは止めよう」と思っていました。もともとはフルマラソンを走ってみたくて始めたことだったので、一度走ったらもういいだろうと。観たい映画もたまっていたし仕事も忙しくなりそうだったし、さらに走ると白髪が増えて悲しい気分になるし(笑)。


きっと一度フルを走ったら満足するだろうと思っていたのですが、走り終えてすぐに思い浮かんだのは「もっと走れる、もっと速く走れる」という次への意欲でした。



そんなわけで初めてフルマラソンを走ってからもマラソンは止められずあれから丸3年が経ちましたがいまでも大会で走ることは大好きだし、練習で走るのも大好きです。

記録が思うように伸びなかったり、怪我や貧血が続いて思うように走れないときが多かったりといいことばかりではありませんでしたが、2015年10月に柏崎から始まったわたしの今シーズンは本当にいいシーズンでした。

10月はずっと念願だった柏崎のフルマラソンを3時間27分で走り、11月の神戸、大田原の連戦も無事にこなしました。
12月には4年越しの目標である10km40分以内を達成し、フルマラソンもはが路で2年ぶりに自己ベストを更新しました。2月にはハーフで90分を切ったし、3月には初のウルトラとなる60kmをきっちりと走り切ることができました。



(今シーズンの主な結果)

大会名 距離 結果
柏崎マラソン フル 3時間27分
神戸マラソン フル 3時間45分
大田原マラソン フル 3時間26分
しおや湧水マラソン 10km 39分44秒
はが路ふれあいマラソン フル 3時間15分
しおさいマラソン ハーフ 1時間27分

 ※青文字は自己ベスト


後半は怪我を再発させた上に貧血も発症してしまって散々でしたが、でも自分はまだまだ速くなれるんだと思えた本当に楽しいシーズンでした。怪我や貧血を発症させてしまったことについて後悔してないと言えばウソになりますが、でも後悔がかすむくらいに出した結果には満足しています。


これからしばらくは怪我や貧血からの回復を優先することになりますが、去年の今ごろに比べると状況はすごくいいので現状にはさほど悲観はしていません。もちろん楽観視するほどお気楽ではありませんが、去年も何とかしたんだから今年もきっと何とかしてやろうと思っています。


次のシーズンは100kmを10時間以内に完走することとフルで3時間10分を切ることを目標にしているので、その達成に向けて今日から少しずつ始動しようと思います!