読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都日野市で開催された第10回歳の鬼あし多摩川ランニングに参加してきました

日記 ランニング マラソン大会


f:id:itotto:20160508075829j:plain:h300


東京都日野市で開催された第10回歳の鬼あし多摩川ランニングに参加してきました。

結果


手元の時計で測ったネットタイムです。

距離 時間(1kmあたり) 合計時間 補足
-5km 26:50(5:22/km) 00:26:50 スタートロス12秒
-10km 25:46(5:09/km) 00:52:37 -
-15km 26:03(5:12/km) 01:18:40 -
-20km 25:13(5:02/km) 01:43:54 -
-25km - - 距離表記見逃す
-30km 52:00(5:12/km) 02:35:54 暑い
-35km 27:43(5:32/km) 03:03:37 だいぶ暑い
-40km 28:53(5:46/km) 03:32:31 死ぬほど暑い
-45km 33:11(6:38/km) 04:05:42 熱中症
-50km 41:23(8:16/km) 04:47:07 足つる
歩数(歩) 平均ストライド(cm) 平均ピッチ(歩/秒) 平均ピッチ(歩/分)
54,147[歩] 92.3[cm] 3.1[歩/秒] 188.6[歩/分]


合計:50km/04:47:07(5分44秒/km)


順位は総合42位でした。


結果の分析


今回、50kmのタイムが4時間47分ということで走る前に目標としていた4時間30分を切ることはできませんでした。
ひそかに4時間20分は切れるだろうと思っていただけにまさかこんなタイムでゴールすることになるとは思ってなくてかなり残念でした。



さて。コースは主に多摩川沿いを走る比較的平坦なコース。
河川敷に下りたりそこから戻ったりするとき以外にアップダウンはほとんどなく、高低差という点で言えばとても走りやすいです。ただ、道路を占有しているわけではないため、行きかう自転車や歩行者を避けるのがちょっと面倒だったり、使用中の駐車場内を走ったりもするのでぶつからないように気を配ったりと走ることだけに集中できる感じではありません。


そんなわけでタイムを狙おうとかそういう感じではなくてとても緩く走る感じのコースです。


詳しいコースはこちらにあるPDFに記載されています。



スタート前


受付を8時に済ませてからスタートの9時までは余裕があったので車で着替えたり飲み物を飲んだりしてのんびり過ごしていました。駐車場とスタート地点がめちゃくちゃ近いのはすごく助かります。

スタート25分前までのんびりしてたのですが、さすがにスタート前に2kmくらい走っておきたいなと思ったのでスタート地点へ。

スタート20分くらい前にはスタート地点に着いたので軽くジョグを始めたのですが、走り出してちょっとするとなにか忘れてるような気がして気が気ではなくなりました。思いつく限り確認したのですが、腕時計もしてるしサングラスもぼうしももってきてるし思い過ごしだなとそのままジョグを継続。スタート3分前くらいまでのんびりジョグをして体をあたためていました。


スタート直前になったのでスタート位置に並ぼうとしたところでやっとあることに気づきました。


「補給食のジェルもってくるの忘れた」


フルマラソンですら補給食2つ以上もって走らないとつらいのに、今回はフル以上の50kmという長距離です。いくら近くてもいまから車に取りに戻るのは無理ということで、今回は50kmを補給食なしで走ることが決定しました。


スタート~5km


予定どおり9時にスタート。スタート後は陸上競技場を2周してから外へ。
外に出てすぐに信号を渡ったのですが、もしかして赤信号だといきなりここで待たされるんですかね。最初から信号待ちとかめちゃくちゃテンション下がりそうなのでここで立ち止まることにならずホッとしました。


しばらく歩道に沿って走り、大きな橋を渡って多摩川を横断。
橋を渡り切ったところで川の方へと続く歩道に導かれ、そこからひたすら川沿いの遊歩道的な場所を走ります。


川沿いの広場では野球やサッカー、アメフトをやっている人たちがたくさんいて、あまりの人の多さにちょっとびっくりしました。
そんな大勢の人たちを眺めながらひたすら走るのですが、なかなか距離表記が出てきません。しょうがないので周りを眺めながら走り続けるのですが、それでもなかなか距離表記が出てこなくてやきもきしちゃいました。

しばらく走って川沿いから土手を上がってちょっと走ったところでやっと最初の5km地点の表記を発見。最初の5kmからすでに長かった...。


5km~10km


5kmを過ぎても見える風景はさほど変わらず、遠目にスポーツに興じる人たちを眺めながら自転車や車、歩行者にぶつからないように注意しつつひたすら歩を進めます。


7kmあたりの橋の下に最初のエイドステーションを発見。
この時点でだいぶ暑くなってきていたのでここでちゃんと水分補給。最初のエイドなのに第3エイドと書かれていたのでちょっと気になりましたが、聞くのもめんどくさかったのですぐに再度走り出しました。


そこからもひたすら川沿いを走って土手を降りたところで10km。


ここの5kmはわりとあっという間でした。

10km~15km


このあたりからだんだん日差しが強くなってきます。
ところどころ日陰もあったのでそれほど暑さに苦しんだ記憶はありませんが、これからもっと暑くなるんだろうなーと思ったらちょっとげんなり。補給食も飲み物も持参しなかったので途中で脱水になったりしないといいなと不安になりました。


13km-14kmあたりで折り返してきた人たちと遭遇。

速い!

何人かに「ナイスラン!」と声をかけていただいたのがうれしくてちょっとペースアップ。ランナー同士が声をかけあう大会だと聞いていたのですが、ここまでまったくそういう空気がなかったのであれ?と思っていました。そもそも周りに同じペースで走っている人もあんまりいないので気付くと一人旅になっていたし、場所によってはどっちに曲がればいいのかわからなくなりそうな場所もあるくらい前後に誰もいないときがありました。

そういう場所にはだいたいスタッフの方がいたのですが、何カ所か立ち止まって周りを見回す場面があって恥ずかしかったです。


15km地点が折り返し兼エイドステーション。
折り返しが15kmということは10km地点が20km地点、5km地点が25km地点になることにここでやっと気づきました。ここではコーラを一杯飲んですぐに出発しました。


15km~20km

ここから30kmくらいまでは来た道を戻るだけなので見慣れた場所をひたすら走ります。
途中ですれ違った人たちに「おつかれさまです!」とか「ナイスラン!」と声をかけたら半分くらいの人は返事をしてくれました。正直、ここからの道中の長さにうんざりしてきてたので声をかけあえて少し元気が出ました。


記憶の中ではもう20km地点なのになーと思いながら10分くらい走っているとやっと20km地点に到着。

このあたりから「5kmってこんなに長かったっけ...」と思い始めました。

20km~25km


ここも一度走った道なのでとくに気になるところはありません。
途中、行きでも補給したエイドに寄って水分補給。


そして25km地点の距離表記は見逃してしまいました...。一度通ったという慢心のせいかまったく見つけられませんでした。


25km~30km


ひたすら川沿いを走りますが、このあたりから直射日光がきつさにぐったりし始めました。
ちょうどお昼前くらいだったのでお腹も空いてきたなーと思ったところで、まだ半分じゃん!とちょっと精神的ダメージを受けました(笑)


最初に通った橋を渡って戻るのですが、そのままスタート地点には戻らず今度は川沿いの土手を走ります。


やっと30km地点に到着。


30km~35km


30km地点のあたりから逆方向に走る(つまりわたしが走ってきた方向に走っていく)人たちがいてなんだろう?と思っていたのですが、20kmコースの人たちでした。そういえば50kmだけじゃなくて20kmもあったな。


30km地点を過ぎて少し行くとエイドステーションがあったのでそこで小休憩。
コーラをいただいて水も飲んで再出発。


川沿いの風景がとてもきれいでしばらく気持ちよく走れました。

20kmコースの人たちと声を掛け合いながらのんびりと走り、土手の突き当り直前で土手を降りました。
そこから道沿いをひたすら走っていくとトンネルみたいになった場所にエイドステーションを発見。やった!
水分を存分に補給してから出発。


しばらく走ると大きな橋が見えたのでそれを渡り、渡り切ったところを右折して少し走ったところが35km地点。


5km長い!

35km~40km


35kmを過ぎて少し走ると50kmの速い人たちが戻ってきました。
このあたりからちょっと疲れが出始めたのでペースを落として歩かないようにしつつ、できるだけいいペースを保つようにしました。ここまではなるべくキロ5分ちょっとくらいのペースを維持しようと思って頑張っていましたが暑さと疲れでもう限界でした。


途中で大きな橋を渡り、そこからしばらく進むとエイドステーション。
ここでは食べ物などもあったのですが、食べると走れなくなるのでぐっと我慢してコーラと水で水分補給。


そして来た道を戻ってしばらく走ると40km地点に到達。かなり疲れてきたけどまだまだいける!


40km~45km


40kmを過ぎてしばらく進んでいくと、道路にキロ表記があることに気づきました。
ここまで5kmおきの表記しかなかったのですが、道路に1kmごとに目印が付いているようでした。これを参考に42km地点を過ぎたところで時計を見ると3時間41分でした。期待していたほど速くはありませんが、思ってたほど遅くない!

とりあえずこのまま走れば4時間30分は余裕で切れそうだということでホクホクしてたのですが、その1km先で急に視界がホワイトアウトして走れなくなりました。汗がまったく出ていなかったのでおそらく熱中症...。

とりあえず休みながら次のエイドステーションまでごまかしごまかし走り、そこで水分補給して復活。
ただ、かぶり水はできなかったので次のエイドではかぶり水をしようと走り出したのですが再度熱中症の症状が出てダウン。そうなるともう歩くしかなくて、歩いては走って走っては歩いてを繰り返して次のエイドにたどり着きました。

そこでかぶり水をしてやっと回復。助かった...。


エイドを出たらすぐ45km地点でした。5kmが長すぎるよ。


45km~ゴール


一度ダウンしたせいか走るペースは戻らず、キロ6分台に近いペースで走ることに。
こんなペースでも走れるだけいいかと思っていたのですが、46kmを過ぎたあたりでふくらはぎがピクピクけいれんし始めて、47km前後で立ち止まったところで足がつりました。足がつったのはひさしぶりでしたが痛かった。

ストレッチやマッサージで回復させてから歩くようなペースで再度走り出しました。
そこからはもう「歩いてるのと変わらなくね?」というペースをキープし、次のエイドでコーラを飲んで元気をチャージしてゴールへと向かいました。暑さもピークだしお腹も空いたしと泣きたくなるような状況でしたがスタッフの方から声をかけていただいたおかげで何とか最後は走ってゴールに駆け込むことができました。


ゴールして時計を見ると4時間47分でした。


ラスト8kmで1時間以上かかっちゃったな...と思わず苦笑いしてしまいました。


まとめ


f:id:itotto:20160508075849j:plain:h300


参加者はとても少ないと聞いていたのですが、会場自体がさほど大きくないためかそれほどこじんまりとした印象は受けませんでした。
ぎっしりというほどではありませんが、参加者数に見合った会場、運営規模だったと思います。


スタートはとてものんびりとしていて居心地がよかったし、道中も参加者同士が声をかけあえる緩い空気が心地よかったしエイドや分岐点に立っていたスタッフの方の声援もとても励みになりました。そして何よりもうれしかったのがゴール。子どもたちやたくさんの方からわーわー声援をいただいたうえにひとりひとりにゴールテープを準備してくれました。ほんとうにうれしかったです。


暑さはとても堪えたし冗談抜きで死ぬかと思ったのですが、でも走り終えたときにはまた走りたいと心から思えました。


来年は4時間を切ってゴールしたいです。来年もまたよろしくお願いします。



(過去に参加したウルトラマラソンの結果)

大会名 日付 距離 タイム 前回差
杉戸ウルトラ60K練習会(2016) 2016/04/03 60km 5時間38分秒 -
第10回歳の鬼あし多摩川ランニング 2016/05/08 50km 4時間47分07秒 -


(関連リンク)