読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先週のランニング


8/29~9/4の週で走った分のまとめ。


8/30(火)


最近よく走っている16kmのコースを走ってきました。


f:id:itotto:20160906004332j:plain:w250

平均ストライド(m) 平均ピッチ(歩/分)
1.05[m] 189[歩/分]


合計:15.5km/01:18:19(5分03秒/km)


足底の痛みを気にするとこのくらいのペースが限界でした。
走る距離は控えめにしているしペースも抑えてるしこれ以上妥協するのは厳しいレベルまで落としているのですが、なかなか足はよくなりません。この状態は今月100kmを走る予定がなかったらしばらく走るのを休んでるレベルDEATH...。



8/31(水)


前日と同じコースを走ってきました。


f:id:itotto:20160906004602j:plain:w250

平均ストライド(m) 平均ピッチ(歩/分)
1.06[m] 192[歩/分]

合計:15.6km/01:16:40(4分55秒/km)


なんでこんなに疲れるのか不思議なくらい疲れました。


9/03(土)

f:id:itotto:20160903151416j:plain


先週に続いて今週も森林公園に走りに行ってきました。


f:id:itotto:20160906004909j:plain:w250

平均ストライド(m) 平均ピッチ(歩/分)
0.96[m] 193[歩/分]


合計:31.6km/02:51:14(5分25秒/km)


走り出しから「ちょっと暑いなー」と思っていたのですが、10kmも走らないうちに「これはまずい...」とはっきり分かるくらい暑くなりました。9月なのでもう暑くならないだろうと思ってたらまさかの32度オーバー...。

しかも森林公園へ行くだけでも大変だったのに、今回はさらにろまんちっく村まで足を延ばしてしまいました。


f:id:itotto:20160903160552j:plain


めちゃくちゃ遠かった...。


まとめ

8/29~9/4に走った距離は64.0kmでした(未計測のジョグ含む)。
じつは日曜日に天栄村でマラソン大会があったのですが足も痛かったしさぼっちゃいました(テヘペロ)

8月の中旬以降、右足足底の痛みがわりと深刻化してきたので走るペースを落としつつ走る頻度も減らしていますがあまりよい方向にははたらいていないように感じます。走る頻度を減らす代わりに一回あたりに走る距離を長めにしているので結局走ってる距離はさほど変わっておらず治らなくてもしょうがないといえばそうなのですが、もう少しよくなるかなと期待していたのでちょっと残念です。


いまさらですがわたしは足底筋膜炎とは付き合いが長く、2012年に走り始めて10か月くらいで発症したのでそろそろ3年ちょっとの付き合いになります。

いつも足底筋膜炎をわずらったときは足がまともに動かなくなって走れなくなるまで我慢して走り続け、ほんとうに走れなくなったらしぶしぶ一か月ほど休んで治してからまた走り出して1年くらい経つとまた再発するということを延々と繰り返しています。

学習能力がないと言われると返す言葉がないのですが、現在の足の状態は2年前の2014年の春先に足底筋膜炎をわずらったときととても似ていることに最近気付きました。

その当時、練習のときはどんなにがんばってもキロ6分で10km程度しか走れないくらい足の調子は悪化していたのですが、そんなときでも大会に出るとキロ4分くらいで走れてしまい、どんどん足に負担をかけていました。
最後はもう大腿部の前面(大腿直筋なのか中間広筋なのかわかりませんがそのあたり)がまったく動かなくなって走れなくなり、その後2か月近く休養を余儀なくされました。

走れなくなる直前までハーフを90分くらいで走れていたのですが、数日のうちににキロ5分で走ることもできなくなってしまいました。

走るのをやめて2ヶ月くらい休んだらふつうに走れるようにはなったのですが、長期間休養したことによる走力の低下に加え、予後の悪さも響いて結局1年くらいは元のタイムまで戻すことはできませんでした。

記憶にある限りでは一番重かったのがあのときの症状ですが、いまはあのときと似たような違和感が足底や大腿部にあってすごく嫌な感じだな...と不安を感じながら走っています。


長く走ることを趣味として続けるためにはさっさと走ることを止めて休まないとダメだというのは重々承知していますが、ここまで強く100kmに挑戦したいと思えるのは今しかないんじゃないかと考えると無理をしてでもいま走らないとと焦ってしまいます。

いまやらないと!と焦る理由はただひとつ。この気持ちがずっと続く保証がどこにもないからです。

わたしには映画でも読書でも資格の勉強でも「また今度時間があるときにやろう」と後回しにしたものの、その後興味を失ってしまって二度と手を付けないままになっていることがたくさんあるからです。

わたしは100kmへの挑戦を「やりたかったけど結局やってないこと一覧」にはぜったい加えたくないんですよね...。