読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひさしぶりに思いっきり転んでしまったというお話

日記

今日は仕事が早く終わったのでちょっと早めに走りに出かけました。
昨日は20kmくらい走ったので今日はもうちょっと長めに走りたいなと思って走っていたのですが、11km地点を前に足を引っかけてしまい盛大に転んでしまいました。


f:id:itotto:20161012232706p:plain


暗い歩道を走っていたのですが、サラリーマン二人組が向こうから歩いてきたので左側に避けたところそこに段差があって気づかずに転んでしまいました。暗くてぜんぜんわからなかった...。

ひざとひじと手のひらを複数箇所擦ってしまい、ひざとひじからはダラダラと血が流れていました。手のひらは思いっきりうちつけたせいでジンジンとした痛みがあったし皮が擦り剝けて血が出てるしもう泣きそうでした。


立ち上がって少し気を静めてから軽く走ってみたところ、とりあえず走れそうだったので近くの公園まで走って行ってそこにあった水道で傷口を洗い流すことにしました。痛い場所を数えながら洗うと擦り傷は合計7か所にできていました。左ひざと左ひじがとくにひどくてかなりの流血でした。


水道で傷口を洗いながらここからどうやって家まで帰ろうかと考えてみました。

ここから自宅までは5kmちょっと。バスに乗るとすれば2kmちょっと離れた宇都宮駅に行かなければなりません。マコに電話して迎えにきてもらうこともできますが信号が多いので結構時間がかかりそうだし、どれもそこそこ時間がかかります。

  • バスに乗って帰れば55分程度(駅まで10分、待ち時間10分、乗ってる時間30分、バス停から5分)
  • タクシーに乗って帰れば35分程度(駅まで10分、乗ってる時間25分)
  • 迎えに来てもらえば45分程度(準備5分、片道20分)


結構かかるなあ...と思ったところで、走って帰ればいいじゃん!と天啓がひらめきました。


  • 走って帰れば25分程度(キロ5分で5km)NEW!!


さっき軽く走った感じでは走ることはできそうだったのでとりあえず1kmくらい走ってみることにしました。
無理にペースをあげずに軽く走ったところ、流血は止まらないものの痛みもさほどなく問題なく走れました。これはいける!

しかも走って風に吹かれたせいか、血が乾燥して少し止まり始めた部分もあったのでこのまま走って帰ることにしました。


走り出してちょっとはペースを抑えていたのですが、だんだん早く帰りたくてしょうがなくなってきて徐々にペースアップ。気づいたら22分(キロ4分半ペース)で走り切っていました。転ぶ前より速い(´・ω・`)


帰宅後、シャワーで傷を洗い流して消毒したのですがまだまだ痛みはとれません。
しょうがないので明日と明後日は走るのはお休みにして回復に努めようと思います...。週末の佐久に出られるかどうかすごく心配です。


とりあえずしばらくは転んでしまったあのコースは走るのを止めておこうかな。いま思えばあのあたりはあまりに暗すぎて転ぶのは必至だったような気がします。