読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりとめなく最近思ってることをつらつらと


今朝から7月第1週に開催される東和ロードレースのエントリーが始まりました。


f:id:itotto:20160703091510j:plain


同日開催の嬬恋キャベツマラソンとどっちに出るか悩みましたが、結局今年も東和ロードレースに出ることに決めてさっそくハーフにエントリーしちゃいました。東和に出ないと夏が始まった気がしないんですよねー。


こんな感じで来月以降の予定も着々と埋まりつつありますがそれはまた今度まとめるとして、先日最近書いたブログを振り返ってみたら一週間のまとめと練習会の記事ばかりでなんだかなーという気分になりました。


もちろんまとめや練習会の記事が悪いわけではないのですが、あとから読んだときに「そういえばこのときこんなこと考えてたな」とか「こんな悩みもあったな」なんてことを思える記事を書いておいたほうがあとあと読み直したときに楽しめるのでいくつかテーマを決めて書き残しておこうと思います。


怪我のこと


現在、左足のふくらはぎ/すねと右足の足底を痛めています。


右足の足底は去年の2月からずっとなのでとりあえずおいておくとして、左足のふくらはぎとすねを本格的に痛めたのは今年の2月に入ってからだと記憶しています。ただ、よくよく考えてみると昨年12月に走ったさのマラソンで既に怪しい兆候は出ていました。


f:id:itotto:20161119000007p:plain


さのマラソンの3週間前に走った大田原ではとくに違和感もなくそこそこのタイムで完走できたのですが、さのマラソンは6km地点で左足のふくらはぎが攣りそうになるというひどいありさまでした。スタートから6kmってまだ体が温まってもないじゃないですか...。フルなので走るペースもさほど速くなくてキロ5分を切るかどうかくらいのペースなのに、たった6kmで足に違和感をおぼえるという異常事態にかなりうろたえたことはおぼえています。

走り出した以上は完走したいと思ってがんばって最後まで走りましたが、30kmを過ぎたあたりから歩いたり走ったりを繰り返すというとても情けないレースでして、タイムは強風でまともに走れなかった大田原よりも10分近く遅れてのゴールとなりました


f:id:itotto:20170329130631p:plain


大会直前まで体調を崩していたのでそれに起因する不調かなーと思い込んでいたのですが、いまにして思えばこのときに気づいてちゃんとケアしていればもうちょっと違う結果になっていたんじゃないかと思っています。もちろんそんなことをいまさら言ってもしょうがないことではあるんですが(笑)


その後年内はアレルギーによる体調不良を引きずったためにほとんど走れず、そのまま年を明けることになりました。


1月になると多少状況はよくなってきたために「毎週水曜日にハーフマラソンを走る」という企画を立ててしばらく実行し始めました。


f:id:itotto:20170407234020j:plain:w250


最初のころはとくに違和感も問題もなく走れていたのですが、いつからか走り出す前にすねが痛くて最初からペースを上げて走れない、もしくは走っている途中でふくらはぎが攣りそうになるという症状が出始めました。とくにすねの痛みはかなりつらくて、徐々に歩くのも困難になるほどの痛みになったため2月中旬の大会(結城)以降はしばらく走るのを休むことにしました。


休むといっても週に一度の練習会だけは出ることにしていたのですが、いまにして思えばこの練習会があったおかげで安心して走ることを休めたと思っています。

練習会は週に一度、キロ7分前後ののんびりペースで1時間程度走るだけなので足への負担はかなり軽いです。もし一人で走っていたらこんなペースで走り続けるのは難しかったと思うし、このペースで走れたのはいっしょに走ってくれる人がいたからこそだと思っています。

そして週に一度という頻度であっても、少しでも走っているということが気持ちを楽にしてくれました。


そんなこんなで少しずつ足は回復し、いまは少しずつ走れるようになりつつあるところですが少し良くなると調子に乗るのがわたしの悪い癖でよくなっては少し痛めてを繰り返している状態です。まだフルを走り切れる脚にはなってないので穏やかに練習を続けるつもりです。


そんなわけで昨年の2月から慢性的に足を痛めていて、それがよくならないままいまに至るという感じです。
正直、一度しっかりと休んで治した方がいいんだろうなと思うのですが、一方でそんなことをしたら走ることへの情熱が全部消えてしまうんじゃないかという不安を感じています。大抵の怪我はがんばれば治せますが、一度失ったモチベーションはどうやっても戻せないことは痛いほど思い知っているのでそのことにただただ怯えています。


でもきっちりと怪我を治さないとこれ以上速くも強くもなれないんですよね...。


走る習慣について


上でも書いたとおり、ここ2か月ほど早朝練習会というものに参加していまして週に一度は朝5時半に起きて走りに出かけています。


f:id:itotto:20170408003058j:plain
# Facebookページのアールビーズ栃木事業所から拝借しました


朝早く起きるためには速く寝ないといけないし、それでも早起きはつらくて何度となく参加を止めようと思ったのですがなんだかんだと9回すべて参加しています。一度寝坊して到着がギリギリだったこともありますが(笑)


朝走ってみて気付いたのは夜に走るよりもいろんな意味で楽だということです。


f:id:itotto:20170208062901j:plain


「夜のように暗くて足元が見えないなんてことはないから走るのが楽」だし、「朝走ってしまえば仕事の後に走らなくてもいいので楽」だしとにかく朝走ることはすごくいいことだと感じるようになりました。負荷をかける練習についてはどうしても朝よりも夜のほうが向いている気がしますが、それだって慣れの問題でしかなくて早めに起きれば朝に負荷をかけた練習をしたってぜんぜん大丈夫です。

朝にハーフマラソンを走って仕事に行ってもぜんぜん平気でした。


どうしても生活が夜型になりがちというか、仕事が深夜に入ることがあったりするので早起きを習慣づけることが難しい状況ではあるのですがでも朝早く起きて走るのはすごくいいと思います。生活のリズムを整えるために、深夜に仕事の入らないところに異動したいと思ってるくらい本気で朝型の生活に移行したいと考えています。


夜遅くまでゲームをしたり本を読んだりプログラムを作ったりブログを書いたりするのも楽しいんですけどね。